お酒が飲めないというのは損なのか得なのか?

お酒が飲めないというのは損なのか得なのか?

たまにいるといいますか、結構いるといいますか。「お酒が飲めない男性」、いますよね。彼らはほとんどの場合、体質的にアルコールを受け付けられないのです。極端にいえばアルコールのアレルギーなのです。ですから、ちょっと飲んだだけで顔や体が赤くなるのは体のアルコールへの拒否反応ですし、遺伝子上仕方ないのです。しかし、お酒が飲めない男性たちはいろいろ悩んでここまできたんだと思います。

まず、飲めないと「飲み会で盛り上がらない」というデメリットがあります。「おい、おまえ全然飲んでなくね?」なんて言われて、「田中が飲むーぞ、田中が飲むーぞ」なんて無理矢理コールをかけられたことが何度あることか。そして、何度トイレで吐いたことか。お酒が飲める奴をどれだけ羨ましいと思ったことか。そんなにお酒がイヤだったら、飲み会に参加しなければいいという考えもあります。

正直、お酒もほとんど飲んでいなくて、おつまみもちょっとしか食べていないのに三千円とか払わされるのはちょっと不公平ですしね。しかし、それでもお酒が飲めない男性たちは飲み会に参加するのです。それは飲み会には「出会い」と「親睦」があるからです。

恋人がいない男性は、飲み会がビッグチャンスなのです。お酒が飲めなくて楽しくないとは言いつつも女の子とは仲良くなりたいのです。だから、参加するんですね。あとは「親睦」です。新しい出会いがなくても、今お世話になっているメンバーとさらに仲良くなれる機会なのです。飲み会に参加してさらに親睦を深める、だから飲めなくても参加するのです。たまにはあります。飲み会に参加しなかったときも。しかし、翌日の様子はどうでしょうか?職場の飲み会だったら露骨にそうでしょう。「あれ、ちょっと仲間外れにされちゃってるかんじだな」という印象を受けるでしょう。「田中さんも昨日飲み会に来ればよかったのに」なんて言われたりして。

だから、これからも飲めなくても飲み会に行くのです。これは修行のようなものだと捉えるしかないですね。 セックスは別問題ですが…もしよければ色々とサイトを紹介しいておきましょう。童貞のためのセックス出来るためのサイトは必須ですね。

PR
美人ニューハーフと出会いたいならコチラ
ニューハーフ情報サイトhttp://www.plats-hn.org/
究極の出会い系はやっぱり
スタービーチhttp://www.star-beachi.net/

このページの先頭へ